10番線 撮り鉄Map

播但線 長谷-生野間

 
 
 
 
有名な”はせいく”と呼ばれるポイントですね。
いわゆる”はせいくカーブ”での撮影はしませんでしたので、ここでは紹介していません。
 
播但線 長谷駅は無人駅。
自動販売機は駅前売店などにあり。
売店は、営業していないかも。
 
栃原川橋梁までは、長谷駅から徒歩40〜50分。
下市川橋梁までは、生野駅から徒歩40〜50分。
 
栃原川橋梁〜下市川橋梁間は、徒歩30分程度あります。
 
”はせいく”体験記は、BLOG 0番線 摂津総合運転所でご覧いただけます。
 
ページ下のバナーから直で飛びます。
撮影場所
長谷駅
撮影日
2009.7.16
概要
山奥の無人駅では、駅でも十分絵になるロケーション。
ここ長谷駅も例外ではない。
生野駅方面で撮影。
データ
露出時間:1/250秒
絞り値:f/5
ISO速度:ISO-200
露出補正:0ステップ
焦点距離:40m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map
撮影場所
長谷駅
撮影日
2009.7.16
概要
寺前駅方面から生野駅方面を撮影。
 
 
データ
露出時間:1/100秒
絞り値:f/3.5
ISO速度:ISO-100
露出補正:0ステップ
焦点距離:11m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map  
撮影場所
長谷駅
撮影日
2009.7.16
概要
ホーム端から寺前駅方面を撮影。
 
 
データ
露出時間:1/160秒
絞り値:f/5
ISO速度:ISO-200
露出補正:0ステップ
焦点距離:62m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map  
撮影場所
第二市川橋梁
撮影日
2009.7.16
概要
長谷駅から歩き、最初に遭遇する鉄橋。
河川を入れての撮影もでき、いろいろなアングルで楽しめそうです。
雨が降ってきたので列車が来る前に避難。
 
この場所は、残念ながら背の高いフェンスができてアウトです。2010.4.25付
データ
--
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map
撮影場所
踏切にて
撮影日
2009.7.16
概要
さらに進むと遭遇する踏切。
 
長谷駅方面を撮影。
データ
露出時間:1/100秒
絞り値:f/5
ISO速度:ISO-200
露出補正:0ステップ
焦点距離:32m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map
撮影場所
踏切にて
撮影日
2009.7.16
概要
同じ踏切で、生野駅方面を撮影。
 
 
 
データ
--
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map  
撮影場所
栃原川橋梁付近
撮影日
2009.7.16
概要
途中線路が見え隠れ。
 
ケーブルが邪魔になるが、無理やり狙う。
データ
露出時間:1/100秒
絞り値:f/5
ISO速度:ISO-200
露出補正:0ステップ
焦点距離:33m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map
撮影場所
栃原川橋梁
撮影日
2009.7.16
概要
もう少し進むと鉄橋が見えてくる。
 
ここでも、ケーブルが邪魔になる。
データ
露出時間:1/125秒
絞り値:f/5
ISO速度:ISO-200
露出補正:0ステップ
焦点距離:59m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map
撮影場所
栃原川橋梁
撮影日
2009.7.16
概要
農道へ降りて、下から鉄橋を撮影。
データ
露出時間:1/80秒
絞り値:f/4.5
ISO速度:ISO-200
露出補正:0ステップ
焦点距離:24m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map
撮影場所
栃原川橋梁
撮影日
2009.7.16
概要
本来は、写真にある踏切から撮影をしたかったが、残念ながら雨のため断念し撮影を終えた。
 
この先、生野駅方面にもまだまだポイントがありそうで、また行きたくなる場所でした。
データ
露出時間:1/125秒
絞り値:f/5.7
ISO速度:ISO-200
露出補正:0ステップ
焦点距離:88m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map
撮影場所
下市川橋梁
撮影日
2010.4.25
概要
橋梁を見上げるアングルで。
午前中は逆光になるので、午後の撮影が適しています。
データ
露出時間:1/500秒
絞り値:f/3.5
ISO速度:ISO-80
露出補正:0ステップ
焦点距離:10m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map
撮影場所
下市川橋梁
撮影日
2010.4.25
概要
橋梁の北側に路線レベルに上がれるスペースがあります。
道路脇に駐車スペースも若干あり。(2〜3台)
上に上がり、鉄橋に近づくと個人の御墓があるので線路を渡ってこのポイントに行けます。
枕木が懸け橋となっているのでわかりやすいです。
手前に見える雑草が生い茂っている時期は、足元が隠れそうです。
 
この撮影は、午前中の「はまかぜ1号」。
午後になると、列車の右側に陽が当たります。
データ
露出時間:1/200秒
絞り値:f/4
ISO速度:ISO-200
露出補正:0ステップ
焦点距離:4m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map
撮影場所
下市川橋梁の北にあるトンネル
撮影日
2010.4.25
概要
「はまかぜ1号」を撮影した場所の反対側にトンネルがあります。
 
構図はイマイチですが、この後紹介するトンネルポータルの上がおススメかもです。
データ
露出時間:1/400秒
絞り値:f/4
ISO速度:ISO-200
露出補正:+1ステップ
焦点距離:5m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map
撮影場所
下市川橋梁の北にあるトンネル
撮影日
2010.4.25
概要
線路沿いにトンネルポータルの上へ行ける道があります。
 
ポータルの上へ行くと水路があるので足元に注意してください。
 
Mapの代わりに、ポータルからの景色を紹介します。
午前中は写真の左側から陽が当たり(下の写真)、午後になると右側から陽が当たります(左の写真)。
お好みで撮影されるとよいと思います。
拡大してご覧ください。
 
ポータルの下(手前)は、常に陰になります。
データ
露出時間:1/200秒
絞り値:f/4.5
ISO速度:ISO-160
露出補正:0ステップ
焦点距離:23m
拡大画像
クリックすると拡大写真がご覧いただけます
Map
サイトマップへ
はせいく体験記事への直リンク
撮り鉄Map TOP 新幹線鳥飼基地 新幹線公園 JR千里丘-茨木間 東淀川・新大阪跨線橋 新幹線米原駅
JR岸辺-千里丘間 黒井-市島間 安栖里-立木間 長谷-生野間 加古川橋梁 吉井川橋梁
湖西線 近江塩津・深坂トンネル


Last updated: 2010/5/8
安全対策のため、件名のないメールや、添付ファイルのあるメールは、未開封のまま削除させていただきますのでご了承ください。

settsu_general_driving_place@live.jpメールはこちらまで。

inserted by FC2 system